本文へスキップ

終活とは、自分らしく「人生の総仕上げをすること!」

生涯を元気に生きる!

トップページ

終活をきっかけに旅行に出かけましょう

行ける時に、行きたかった旅行に出かけましょう!

旅行に出かけましょう ピサの斜塔

海外旅行も、本当に安く行けるようになりました。

一度訪れてみたかった人気スポットや、思い出の場所へ旅行に出かける方が増えています。そこで、「終活旅行」とか、「終活ツアー」とかいう言葉も誕生しています。

元気で時間のある時に、後で後悔しないように、行きたかったところ、行きたいところに、旅行に出かけましょう!

でも、お金がありません!と反論する方もいますが、なにも外国など、高額旅費が必要なとこに行くだけが旅行ではありません。例えば、東京都内でも行っていないところはたくさんあるでしょう。地方に住んでいる方でも、県内や近県にもまだ訪れていない素晴らしい所はたくさんあるはずです。

人生は楽しむためにあるのですから、あれもできなかった、これもできなかったと後悔するよりは外に出て、行きたいところに出かけましょう!

終活旅行

旅行のメリットは、

旅行は、日常を離れて新しい経験をすることで脳のはたらきを活性化させると言われています。また、自然や風景をながめたりすることで心を落ち着かせたり、美味しいものを食べる楽しみで、ストレスを低下させる効果もあるとされています。

いずれにしても、日常を離れた環境に身を置き、リラックスした状態のなかで得られる満足感や充実感は、日常生活への意欲を向上させることができ、これからの人生を前向きに捉える上で大変に効果のある出来事となります。

終活旅行 海外

終活でおすすめの旅行先は?

終活旅行をする場所を決めるときは、以下のようなことを考えてみてください。

思い出の場所に訪れる

これまでの人生を振り返りながら、この先をどう自分らしく生きていくかを考えるのが、終活の最大の目的のひとつです。過去の出来事を一つひとつ振り返るのは、そう簡単なことではありませんが、思い出の場所を訪れてみることで、忘れていた記憶が蘇ってくることもあります。旧友と連絡をとり、再会を楽しむのもおすすめです。

終活旅行 二人で 夫婦で

「終活旅行」のもうひと工夫

終活は、自分ひとりで進めるよりも、ご夫婦やご家族で意見を交えながら進めるほうが良いでしょう。旅行から帰った後は、旅行中の土産話だけでなく、旅行をきっかけとして再認識した、余生や死後に対する思いを家族と共有しておくと、終活がより一層有意義なものになるでしょう。

人生の終わり方を考え始めると、これまでやり残したことが、あれこれ思い浮かんできます。仕事や子育てに追われ、なかなか旅行へ行くチャンスがなかったという人も少なくないはず。日常から離れて、自分自身をじっくり見つめ直し、自分らしい最期をイメージする機会を作るためにも、ぜひ「終活旅行」を計画してみてはいかがでしょうか。

外国旅行

国内旅行は70代前半、海外は60代後半がピークと発表

三菱総合研究所が発表した、シニア世代の調査によると、国内旅行は70代前半、海外旅行は60代後半が旅行に出掛けるピークだということが分かりました。

調査の内容は、50~80歳代の1万5千人を対象にしたデータに基づくものです。

もう少し詳しくご説明をすると、海外旅行のピークは60代後半。数年に1回海外旅行に行く人の割合は65歳以上、70歳未満の40%が最も高いというデータとなっています。

また、数年に1回以上、1泊以上の国内旅行に行く人は、70代前半がピークで88%となっています。

なお、家族との付き合いが少ない女性は、旅行が大好きで、旅行会社から送られてくるパンフレットなどをもとに、友人と国内旅行に出掛ける方が多いようです。

おすすめの旅行サイト

日本旅行は、情報量が多く、国内旅行ツアーに強いのが魅力です。「赤い風船」「wens(ウェンズ)」というブランドでパック旅行を提供しているので、知っている人も多いと思います。JRとセットのプランなども選べるし、料金も格安なので列車ツアーなら日本旅行がお勧めです。メルマガ登録しておくと割引情報もありますよ。